フィンペシアの豆知識についてのご紹介

フィンペシアとは
フィンペシアとは、経口服用類の薄毛治療薬です。大多数の薄毛患者にとってフィンペシアという名前を聞くと、「プロペシアに似ているでしょう」という疑問があるかもしれません。実はフィンペシアはプロペシアに密接な関係があります。フィンペシアはプロペシアと同じ、フィナステリド成分を含んで、プロペシアのジェネリック医薬品です。先発医薬品としてのプロペシアと比べて、かなり安いですから、とても人気があります。

フィンペシアの効果

フィンペシアはプロペシアに含まれている有効成分フィナステリドを配合していますから、薄毛の改善効果が著しいとされています。特に男性型脱毛症(AGA)にとても役立ちます。本来、フィナステリドは前立腺の肥大を治療するために用いられるものですが、また、毛母細胞の活動を弱め、過剰な皮脂分泌を促し、抜け毛や薄毛に繋がるDHTの生成を抑制することができますから、薄毛治療薬の主成分として開発されてきました。

更にフィンペシアはAGAを引き起こす原因であるジヒドロテストステロンという男性ホルモンに間接に作用することで薄毛改善効果に達します。具体的な作用機序はフィンペシアはジヒドロテストステロンの生成に欠かせない物質5α還元酵素を抑える効果があります。それで、男性型脱毛症(AGA)を改善することができます。

フィンペシアの服用方法
フィンペシアは1日1回1錠を通常の服用量とされています。人によっては3か月程度で効果が見られている方もいますが、半年、1年経過して効果を感じるという方もいます。それで、効果を実感するために、フィンペシアを長時期に飲み続けることは必要です。短時期に著しい効果を得るために、決められた用量以上の服用はNGです。それは過量服用は効果を強めることができないだけでなく、副作用を引き起こす危険性があるからです。

また、フィンペシアは男性型脱毛症(AGA)に向ける薄毛改善薬ですが、女性たちの使用は禁止です。フィンペシアは副作用として、肝機能の低下という要素があります。もともと肝臓が弱い人は、最初に専門家へ相談することをおススメします。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用について、フィンペシアは男性ホルモンを抑える働きがありますから、男性の性機能障害をもたらすことができます。他には、肝機能障害、食欲不振の症状があらわれる可能性もあります。通常の場合、それらの副作用は人々の生活に目立つ影響を与えることが少ないですが、フィンペシアを服用する前にお医者さんと相談したほうがいいと考えられています。また、ひどい症状が起こる時、フィンペシアの服用を止めて病院に行って検査を受けてください。